医療事務を学ぶなら!

医療事務の主なお仕事topics

3年制コースで目指す主な職種

診療情報管理士

診療情報管理士
カルテや看護・検査記録などの医療行為すべての診療記録を管理する専門職です。
必要に応じて診療情報を提供できるように常に整理・分析し、診療がスムーズに進むようにサポートする他、経営に関わるデータの作成なども行います。

医師事務作業補助者

ドクターズクラーク
これまでは医師が行っていた診断書の作成や処方箋の作成、検査の予約などの事務的業務を医師の指示のもと代行するのが主な業務です。
医師が診察に専念できる環境づくりを担い「医療現場の質の向上」に貢献する重要な業務として将来性も期待されています。

がん登録

医療情報医師
がん登録とは、地域のがん診療連携拠点病院で、がん患者の診断・治療およびその後の転帰に関する診療記録をデータベース化し、登録を行う業務ことです。
この業務を担うのが診療情報管理士であり、今後のがん診療の向上やがん対策、がん研究の発展に貢献します。

電子カルテインストラクター)

電子カルテを病院へ導入する際のインストラクターをする専門職です。
事務員だけでなく、全医療スタッフが効率よく使いこなせるように指導します。

ICDコーディングスペシャリスト

カルテの病名を確認し、WHOが発行した国際疾病分類(ICD)に沿って分類する専門家で、コーダーと呼ばれています。
コーダーは、今後の医学研究や病院経営・分析に欠かせない存在です。

2年制コースで目指す主な職種

外来窓口受付業務

受付
受付で患者様の対応やカルテの作成、病院内の案内の他、診療が終わった後の会計業務なども行います。
患者様が最初に接するスタッフであり、その応対が病院の印象を左右することにもなるため『病院の顔』としての重要な役割も担っています。

レセプト業務

レセプト
医療費の明細書(診療報酬明細書)を作成する業務は『レセプト業務』と呼ばれ、専門知識を要し正確さが必要とされます。
医療機関が安定的な経営を行うために診療報酬は必要不可欠な財源なので、これを受け取るためのレセプト業務はとても重要。
保険が適用される医療機関では欠かすことのできない業務です。

医療秘書

医療秘書
主に医師や医局スタッフのスケジュール管理やデータ整理などの事務作業のサポートを行います。
文書処理能力やパソコンスキルの他にも、マネジメント力やコミュニケーション力が必要な業務です。

病棟クラーク

病棟クラーク
病棟に勤務し、入退院手続き、食事や投薬・検査の処置内容をパソコン入力にするなど、医師や看護師をサポートし、入院患者様とをつなぐパイプ役を担います。

歯科事務

歯科事務
受付業務をはじめ、診察に必要な器具の洗浄や準備などを行います。
また、アシスタントとして治療に立ち会い、バキューム補助、歯型の石膏準備、セメント練和といった診療介助を行うこともあります。

調剤薬局事務

調剤薬局事務
受付や会計、個人情報や薬歴などのコンピュータ入力といった事務的作業が中心となります。
薬剤師と連携し、処方箋の管理、薬の在庫管理、納品書や請求書の管理まで全般的に行うこともあります。