日本医療秘書専門学校
診療情報管理士・医療事務・医療秘書・病棟クラークを目指し、少人数制で学ぶ学校です!
日本医療秘書専門学校 お問い合わせ 資料請求 体験入学
学校紹介 学科紹介 就職サポート 資格取得 入学案内 アクセス
資格取得
取得できる主な資格
検定対策
資格取得率
資料請求
体験入学
取得できる主な資格
本校では、病院や一般企業で本当に必要とされる、認められたレベルの高い資格が取得できます。
また、医療・介護系の資格はもちろん、どの職種に進んでも第一線で働くことのできる資格も取得可能です。
入学するコースによって取得できる資格、資格の級数は異なります。
資格名称/団体 内 容 取得コース
診療情報管理士 主にカルテを管理・分析する医療専門職を認定する資格で、活躍の幅や社会的ニーズも高まってきています。
医師事務作業補助技能認定 医師の事務作業(診断書作成、処方せんの発行や電子カルテ入力等)を補助する。知識と技能を評価・認定する試験
がん登録実務初級者認定試験 がん登録業務に関する高い知識を認定する資格です。
がん登録士は、院内がん登録業務において医師による登録作業をサポートし、 診療録(カルテ)から情報を収集し適切に登録業務を行います。
医療情報技師 多くの病院で医療に適したコンピュータネットワークシステム(電子カルテなど)が導入されています。医療情報技師はこのような「医療情報システム」の構築、運用管理、分析処理などを担当します。
医療情報基礎知識検定試験 ITの基本的素養を身につけ、医療情報システムの特質を理解し、医療情報倫理を踏まえ、ユーザとしてのセキュリティ対策を講じることができる知識をもっていることが求められます。
診療報酬請求事務能力認定試験 カルテをもとにした診療行為や投薬などの保険点数への換算、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成、保険請求事務という一連の事務能力を審査する試験です。
医療秘書技能検定 医療秘書として事務面における専門的な援助と各部内の連絡調整を果たす専門知識と技能を認定する資格です。病院関係の事務職への就職を希望する人には必須の資格です。1~3級まであります。
医事コンピュータ技能検定 カルテや診療伝票をもとに医事コンピュータを用いてレセプトを作成する能力が問われます。最近では、カルテやレセプトの電子化が進んでいますので就職に大変有利な資格です。1級~3級まであります。
電子カルテ実技検定試験 電子カルテの実務に必要なオペレーションスキルを客観的に判断する試験です。今後、医療機関で働く方にとって電子カルテを含む医療情報システムの知識とスキルは、非常に重要なものになります。
調剤事務管理士 保険調剤薬局では、薬剤師が調剤に専念するため、処方せんの受付や会計を担当します。 調剤事務管理士の資格は、調剤報酬の算定に関する知識とスキルの証となります。
介護事務管理士 介護分野での事務を専門に行う専門家のことです。介護サービス利用者の受付・手続きの説明、事業者やスタッフ間の連絡調整や書類の取りまとめを担当します。
ホスピタルコンシェルジュ検定試験 患者さまが医療機関の事務スタッフに求める接遇力と患者応対に必要な知識を兼ね備えた人材を評価認定する検定試験です。今、医療機関では制度や医療費などに関する知識を併せ持つ人材を求められています。
秘書検定 この資格は、社会人としてのマナー、正しい日本語、敬語の使い方などを身につけることができます。 今から社会人として働く上でとても有効な資格です。1~3級まであります。
秘書実務士  秘書検定2級以上の保有者対象に、社会的地位向上を目指して、資格認定を行っています。秘書としてグレードアップを目指す人のステップアップとなる資格といえるでしょう。
Word文書処理技能認定試験 様々な業種や職種において、広範囲に使用されることが多い文書作成ソフトの「Word」の操作技能を審査する資格です。1~3級まであります。
Excel表計算処理技能認定試験 様々な業種や職種において、広範囲に使用されることが多い表計算ソフト「Excel」の操作技能を審査する資格です。1~3級まであります。
ビジネス文書検定 社内や取引先との間で交わされる報告書、礼状から電子メールなどのビジネス文書作成時に必要となる知識・技能を認定する試験です。
ビジネス実務マナー検定試験 ビジネス社会の基本ルール(=職場常識)を身に付けているかどうか、一定の審査基準によって判断されます。
歯科助手技能認定 歯科医療機関での受付業務から診療報酬算定の基礎、診療介助、機器の保守等の知識と技能のレベルを評価、認定する試験です。
調剤報酬請求事務技能認定 調剤報酬請求事務等の知識と技能のレベルを評価、認定する試験です。
介護職員初任者研修 訪問介護において身体介護・家事援助をするために必要な資格です。また、老人施設において、身体介護をすることもできます。
普通救命講習 講習修了者には、消防本部より修了証(認定)が発行されます。
※取得コースの数字は、その資格を取得できるコース年制を表しています。
日本医療秘書専門学校 フリーダイヤル 資料請求 体験入学
矢印 学校紹介 矢印 学科紹介 矢印 就職サポート 矢印 資格取得 矢印 入学案内 矢印 体験入学
矢印教育方針 矢印医療情報学科 矢印就職サポートシステム 矢印取得できる主な資格 矢印募集要項 矢印体験入学メニュー
矢印沿革 矢印診療情報管理士コース 矢印就職対策プログラム 矢印検定対策 矢印入試制度 矢印Q&A  よくある質問
矢印卒業生の皆様へ 矢印医療事務学科 矢印再就職支援制度 矢印資格取得率 矢印AO入学試験
矢印社会人・大学生・短大生の皆様へ 矢印医療秘書総合コース 矢印就職実績 矢印指定校推薦入学試験
矢印保護者の皆様へ 矢印医療保険事務コース 矢印お仕事図鑑 矢印特待生入学試験
矢印進路指導の先生方へ 矢印病院実習 矢印一般入学試験
矢印採用ご担当者様へ 矢印授業料分納制度 矢印採用情報
寄付金について 矢印奨学金について 矢印プライバシーポリシー
矢印学校自己評価
矢印スクールライフカレンダー
矢印アクセス